お知らせ

「次は女の子がほしい」「今度は男の子がいいな」

そんなふうに思ってはいても、旦那さんが産み分けに積極的じゃなかったり、それどころか「男の子がいいとか女の子がいいとか考えちゃダメだ!」みたいな考えで、産み分けに挑戦することに断固反対という旦那さんもいますよね。

でも、「女の子がほしい、男の子がほしい」という希望を抱くのは、いたって自然なこと。悪いことでもなんでもありません。

旦那さんの協力を得られないから、専門のクリニックで指導を受けるわけにもいかないし...

自分だけでこっそりできる産み分け方法ってないかな?

そんなふうに悩んでいる女性のために、旦那さんにバレずに、自分だけでできる産み分け可能性アップの方法をご紹介します。

*ただ、現在日本では遺伝子操作による産み分け法は認められていませんので、100%確実に希望の性別の赤ちゃんを授かることができる方法というのはありません

なので、希望とは違う結果が出たとしても、ちゃんと受け入れることができる人だけ試してみてくださいね。

 

旦那さんに内緒なら、産み分けゼリーを使うのがおすすめ

「産み分けゼリー」というのは、膣内のpH値(酸性・アルカリ性)を調整することで、それぞれ女の子・男の子を迎えやすい状態にするゼリーです。

赤ちゃんの性別というのは、

X染色体をもつ精子が卵子と受精すると女の子

Y染色体をもつ精子が卵子と受精すると男の子

というように、精子の染色体によって性別が決まります。

ですので、女の子がほしければX染色体をもつ精子に頑張ってもらって、男の子がほしければY染色体をもつ精子に頑張ってもらうということですね。

ただ、これは人工的に操作できませんので、あくまで「X染色体の精子に適した環境」「Y染色体の精子に適した環境」を作ることで産み分けの可能性を高めようというのが産み分けゼリーの考え方です。

X染色体をもつ精子(女の子になる精子)は、膣内が酸性で動きが活発になり、

Y染色体をもつ精子(男の子になる精子)は、膣内がアルカリ性で動きが活発になります。

なのでざっくり言えば、

膣内を酸性にする⇒女の子ができやすくなる

膣内をアルカリ性にする⇒男の子ができやすくなる

このように、膣内の酸性・アルカリ性の環境(pH値と言います)を調整するのが、産み分けゼリーの役割なのです。

 

旦那さんに内緒なら産み分けゼリーがおすすめな理由

女性の膣内に入れて使うものなので、男性側に何かお願いしてやってもらうことがない

注入が簡単なので、性交前にトイレなどでサクッと済ませればバレにくい

万が一、旦那さんにゼリーの存在を見つかったとしても、「ビデ」などと言い訳がしやすい

このように、使いやすくてバレにくいというのが、産み分けゼリーを使うメリットです。

 

産み分けゼリーの具体的な使い方は?

まず、産み分けゼリーを選ぶときには、1回分ずつシリンジ容器(注射器のような容器)に入ったものを選ぶようにしましょう。注入が圧倒的に簡単だからです。

「今日はその日」というときに、できるだけベッドに入る直前にトイレなど旦那さんに見えないところでゼリーを注入してください。

女の子用のゼリーを使えば、膣内環境は酸性に傾きますので、女の子になる精子に有利な環境になります。

男の子用のゼリーを使えば、膣内環境はアルカリ性に傾きますので、男の子になる精子に有利な環境になります。

この状態で、あとはふつうに性交をするだけです。

 

そのほかに注意することは?

性交する日はいつがベスト?

女の子を希望するなら排卵日の2日ほど前男の子を希望するなら排卵日当日がベストです。

というのも、排卵日前は膣内が酸性で、排卵日になると膣内がアルカリ性に傾くからです。

これに産み分けゼリーのpH調整がプラスされることで、さらに確実に酸性・アルカリ性をキープできるでしょう。

性交の直前にゼリーを使わないとダメ?

ゼリーの役割は、射精したときに膣内を酸性またはアルカリ性に保っておくことです。なので、あまり前もって注入するのではなく、できるだけベッドに入る直前に注入する方がいいでしょう。

ただ実際は、それぞれご夫婦によってペースがありますよね。

なので、旦那さんにバレないように注入するということを優先させて、多少時間が空いてしまったとしてもトイレなどに行ける自然なタイミングで注入するようにした方が精神的にもいいと思います。

 

産み分けゼリーはどれを選ぶ?

産み分けゼリーは、ドラッグストアなどでは売っていませんので、基本的には通販で購入することになります。

選ぶときのポイントとしては、

荷物の配達時に産み分けゼリーと分からないようになっているか

シリンジ型(注射器型)で簡単に注入できるかどうか

1本に十分な量が入っているかどうか

これらの点から選択肢になる産み分けゼリーをご紹介します。

使いやすさ抜群!ベイビーサポート

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

配送時の伝票には「雑貨」と表記

注入が簡単なシリンジ型

1本に入っているゼリーの量が多い

安全な国産の天然成分を使用し、刺激安全テスト済

価格 1セット 14,904円(税込)+送料650円
2セット 23,846円(税込)送料無料
20%OFF
3セット 31,298円(税込)送料無料
30%OFF
容量 4.5ml×7本
使用期限 製造日から2年

ベイビーサポートの特徴

産み分けを希望するべビ待ちママたちの間でとても人気が高いベイビーサポート。

配送の伝票には、品名が「雑貨」と記されているので、もし旦那さんが荷物を受け取ってしまった場合でも「ゼリーを買った」ということがバレずにすみます

また1本に入っているゼリーの量が多く、1回で十分に膣内にまんべんなく行きわたる量(4.5ml)なので、旦那さんにバレないようにサクッと注入しやすくなっています。

もちろん使いやすさだけでなく、安全性や結果にもこだわった成分配合となっているので、安心して使うことができます。

まとめ買いをすると大幅割引価格で買えるのですが、もし途中で希望の結果が出た場合には、あまった分のベイビーサポートを1本1,000円で買い取ってくれるという「おめでた返金キャンペーン」があるのも、ママには嬉しいポイントと言えますね。

成分や品質の安全性から見ても、使いやすさから見ても、また旦那さんへのバレにくさから見ても、おすすめできる産み分けゼリーです。

お手ごろ価格で安心のゼリー!ハローベビー

配送時の伝票には「雑貨」と表記

注入が簡単なシリンジ型

1本あたりの単価が一番安い

安全な成分を使用し、3種類の刺激安全テスト済

価格 1セット 10,800円(税込)+送料600円
2セット 19,440円(税込)送料無料
10%OFF
3セット 27,540円(税込)送料無料
15%OFF
容量 1.6ml×7本
使用期限 製造日から1年

ハローベビーの特徴

ロングセラーの産み分けゼリー、「ハローベビー」。

国内工場で、徹底した安全管理のもとに製造されていて、信頼性が高いゼリーです。

ハローベビーには通常版とプレミアムの2種類があるのですが、通常のハローべビーはなんといっても安さが魅力。安いとは言っても、もちろん産み分けを左右するpH調整成分はちゃんと入っているので安心して使って大丈夫です。

また、配送時の伝票には品名が「雑貨」と表記されているので、仮に旦那さんが荷物を受け取ってしまってもバレる心配がありません

ただ、1本あたりの分量が少ないというのが、ややネックです。公式サイトでも「1回に1~2本を目安にご使用ください」と書いてあります。

シリンジ型で注入しやすいのですが、もし1回に2本ずつ使うとなると、それだけ手間がかかることにもなります(もちろんコストも)。

少なめの量(1回に1本ずつ)でいいので、安く手軽に使いたいという人向けと言えるでしょう。

管理医療機器で安全に使える!ジュンビーピンクゼリー

「管理医療機器」認定なので安全性が高い

産婦人科医との共同開発

口に入れても問題ない安全な成分を使用

価格 1セット 15,984円(税込)+送料648円
2セット 28,728円(税込)送料無料
3,000円OFF
3セット 41,472円(税込)送料無料
6,000円OFF
容量 1.7ml×10本
使用期限 製造日から2年

ジュンビーピンクゼリーの特徴

ジュンビーピンクゼリーは、産み分けゼリーの中で唯一、厚生労働省指定の第三者機関による審査で膣内洗浄機器として「管理医療機器」の認証を受けています。

もちろん他の産み分けゼリーも安心して使えますが、こうして認証を受けていることで客観的な安全性を示していると言えます。

1本に入っているゼリーの量は少ないのですが、独自の配合でこれが適量とのこと。1回分は1本でまかなえるようになっているようです。

また、ジュンビーピンクゼリーをまとめ買いして、使用している途中で希望の結果が出た場合には、あまったゼリーを1箱1万円で買い取ってくれる「おめでたキャッシュバックキャンペーン」があります。

ただ、配送時の伝票には、品名が「ピンクゼリー」と記載されてしまいます。これは個別でお願いしても変更はできないとのこと。

なので、絶対に自分だけが受け取れるときに日時指定をしないといけませんね。

また、現在販売されているのは「女の子用」のゼリーのみとなっています。男の子を希望するのであれば、他のゼリーから選ぶ必要がありますね。

 

内緒で産み分けをしたいから、成功確率が高い産み分けゼリーを使って1回で成功させたい!

旦那さんに内緒で産み分けに挑戦する場合、できるだけ成功率が高いゼリーを使って1回で希望通りの結果を手に入れたいと焦る気持ちになる方もいるかもしれません。

確かに、時間をかければかけるほど、内緒にするのもしんどくなるのは分かります。

ただ、「このゼリーなら成功確率が圧倒的に高い」というようなものはありません。どのゼリーを使っても、確率的にはほぼ同じと考えていいでしょう。

その理由は、産み分けゼリーの仕組みにあります。

産み分けゼリーは、膣内のpH値を酸性またはアルカリ性に傾けることによって、男の子になる精子・女の子になる精子に有利な環境を作るためのものです。

その環境を調整する成分というのは、どの産み分けゼリーにもしっかりと配合されていますので、それによって普通に性交するよりも可能性を高めることができるようになっているのです。

「1回か2回で成功させなくちゃ...」などと焦ってしまうと、よけいに心理的なストレスになっていい結果が出にくくなる恐れもあります。

旦那さんに内緒にする場合でも、気持ちには少し余裕を持って取り組むようにした方が絶対にいいです。

また、ある程度長期間にわたって取り組むことを考えると、簡単に注入できる産み分けゼリーを選ぶというのも大事なポイントになってきますね。

 

産み分けゼリーを使うことで、副作用の心配はない?

「あとになって自分や旦那さん、または授かった赤ちゃんに副作用が表れてしまって、産み分けゼリーを使ったことがばれたら困る...」

そんな心配をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ここでご紹介している産み分けゼリーの販売会社に、副作用について問い合わせてみたところ、3つのゼリーの会社すべてで

”販売前のモニター使用や、実際に購入して使った人の間で副作用が出たという報告はない”

という返答がありました。

各社ともに、食べても問題ない安全な成分を使用していること、そして厳格な安全基準を設けて検査を行っていることを考えると、過度に心配するようなことはないでしょう。

そして何より、実際に今まで副作用の報告がないという点は、信頼できるポイントだと思います。

今どきは「実は副作用が出た」という人がいたら、すぐにネットなどで広がりますので、そうした口コミ等もない=本当に副作用の報告はないと考えていいでしょう。

 

旦那さんに内緒で使うなら「ベイビーサポート」が一番おすすめ

シリンジ型で注入が簡単にできるゼリーを3つご紹介しましたが、その中でも、もし旦那さんに内緒で使うなら「ベイビーサポート」がおすすめです。

その理由は、

配送の際、伝票の品名が「雑貨」になっているので、万が一旦那さんが荷物を受け取ってもバレない

1本あたりのゼリーの量が多いので、1回1本で確実に十分な量を注入できる(時間がかからず注入できる)

もちろん、成分や製造方法にも徹底的にこだわっているので、安心して使うことができます。

また「おめでた返金キャンペーン」を使えば、希望の結果がそうそうに出た場合でも、あまったゼリーを1本単位で買い取ってもらえるので無駄もありません。

万全の体制で旦那さんにバレない産み分けに挑戦するなら、あらゆる面で配慮が行き届いたベイビーサポートが一番おすすめです。

クリックしてベイビーサポートを詳しくチェック
▼ ▼ ▼

 

更新日:

Copyright© 旦那に内緒で産み分けをしたい|バレずにできる準備&方法とは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.